スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鉄拳TAG2】プラクティスモードの使い方色々

家庭用鉄拳TAG2のプラクティスモードがシリーズ最高の便利さで色々な使い方ができるので思いつく限りの使い方を紹介

-フリースタイルモード-

○連続ヒットする技を調べる
アクションセッティング1 立ち
アクションセッティング2 全てガード

多段技で何発目まで連続ヒットするかを調べられる

アドバンスドセッティング カウンター ON でCH時に何発目まで連続ヒットするかを調べられる


○ヒット確認練習
アクションセッティング1 立ち
アクションセッティング2 ランダムガード

カズヤのLPLPディレイRPなどのヒットしていたら出し切り、ガードされていたら途中で止めるべき技のヒット確認を練習できる

下段技のヒット確認をする場合はアクションセッティング1を立ちではなくしゃがみに変更


○起き上がり確定ネタ探し
アクションセッティング1 立ち
アクションセッティング2 立ちガード
CPUの起き上がり方を選択

例:CPUの起き上がり方を後転受身に設定して
ポールで3RP→3LPLP→4LPRPでバウンド→1RPのコンボの後、前ダッシュで追いかけての崩拳などが後転受身の硬直にヒット
PUNISH表示は出ないので注意



-ディフェンシブトレーニングモード-

○確定反撃練習
例:CPUをカズヤにして
CPUセッティング1にコマンドリストから忌怨拳を選択(反撃の返せる技ならなんでもOK)

忌怨拳をガードしたあと反撃してPUNISH表示が出れば確定反撃成功


○投げ抜け練習
例:CPUをカズヤにして
CPUセッティング1にコマンドリストから左ロングレンジスローを選択
CPUセッティング2にコマンドリストから鬼蹴りを選択(投げと同じくらいの速さの足技)

投げが来たときだけ投げ抜けボタンを押して抜けられれば成功
投げを抜けられなかったり鬼蹴りに反応して投げ抜けボタンを押してしまったら失敗

段々慣れてきたら、鬼蹴りを手技に変えてみる
打撃技の頻度を5、投げの頻度を1にして忘れた頃に投げが来るようにしてみる
CPUセッティング3に右ロングレンジスローも追加してみる
ロングレンジではなく通常の右投げ、左投げにしてみる、両P投げも入れてみるなどして難易度を上げていく

全部を完璧にこなすのは至難の業だけど投げに反応してボタンを押す癖を付けるだけでも結構違ってくるかも


○択攻めの穴探し
よく使われるパターン化された攻めに対してどうやって対処するべきかを調べる

例:CPUをリリにしてCPUセッティング1~5に記録で

バックフリップ(3WK)→テンペスト(背向けWP)
バックフリップ(3WK)→フラットトリップ(背向け2WK)
バックフリップ(3WK)→ロンペフルーレ(背向けRP)
バックフリップ(3WK)→カンセール・ユヌードゥ(背向けLPRP)
バックフリップ出し切り(3WKWK)
をそれぞれ登録

登録し終わったら再生して、自キャラでどう動けば対処できるかを調べる
この場合は右横歩きが安定することが分かる
追記:しゃがパン確定でした^p^


○連携探し
CPUを自分の使ってるキャラにして強い連携を探す

例:カズヤを使ってる人の場合、CPUをカズヤにして

CPUセッティング1に記録でワンツーパンチ→忌怨拳の流れを登録
再生し、ワンツーをヒットさせられた後の忌怨拳に対してどう割り込めるかを調べる

この場合、ジャブやしゃがパンですら割り込めない上にCHでコンボに持っていかれる
忌怨拳が横に強いので横移動も出来ないし中段なのでしゃがめない
バックステップを上手く合わせればスカせる…けど難しい
立ちガードして確反を入れることは可能

ワンツーヒット後の忌怨拳は暴れと横移動を抑制できる連携だということが分かる
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメント

Secret

プロフィール

中野ゆうきっぽい

Author:中野ゆうきっぽい
アニメ、ゲームのことメインのブログです
Twitter
kerubeku_yuuki
ニコ動コミュ
co1637214

カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。