スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍が如く5-感想、書き連ねしもの-

龍が如く5を全クリしてエンディングを見たので感想でもだだだっと
ネタバレ全開なのでまだクリアしてない人はお帰りくださいの極みジャキン!

まず戦闘面から
戦闘システムは過去最高の出来だと思った
過去作の良い所はそのままに、新要素の絶技とクライマックスヒートが追加
所謂、必殺技の上の超必殺技みたいなもんだけど今まで無かったのが不思議なくらい
龍が如くの戦闘のコンセプト「誰もでも簡単に、カッコよく」を見事に体現していて壮快感も抜群で○

今までの大人数バトルって囲まれてはいるけど実際に戦うのはせいぜい同時に8人程度で、他は壁みたいな存在でしかなかったけど5は本当に何十人もの敵が取り囲んでいて同時処理で全員動いてる状態
とはいっても流石に全員が同じ攻撃頻度な訳じゃないけど
桐生編ラストの港での大人数戦闘は燃え上がった
あと細かいところで言うと、○ボタンで敵を掴んだ状態でL1(L2だったかもしれない)を押すと正面掴みと背後掴みを切り替えられるのが便利だったなー


自分は冴島が好きなんですがもうこのキャラ、龍が如く4で初登場して以来株が上がりっぱなし
が、しかし、5の冴島はちょっとやりすぎなんじゃないの?って思うくらい強い
修行で修得可能な能力「金剛の気位」がチート過ぎ、これがもう半端なく強いまじ強い
効果は「ヒート状態である限り敵の攻撃で怯まない」
「ヒート状態のとき、敵の攻撃で怯み難くなる」っていう能力は出てきたことあるけど、全く怯まなくなる能力はこれが初出かな?
正直、一回ヒート状態にしてしまえば後は溜め攻撃でボカスカ殴ってれば相手がどんな強いボスであろうと関係なく倒せる、呆気ないほどにw
実際、冴島の相手として出てくるボスキャラは他の主人公で戦うと苦戦しそうな強い奴ばかりなんだけど…熊とか馬場とか真島とか
金剛の気位があるだけで楽勝です
強敵なのにあっさり倒せてしまって面白くないっていう残念な意味での楽です
特に冴島のラスボスとして戦う真島が弱すぎる、悲しいくらいに…


タツヤの食事効果も個人的にはいらなかった
食事で三種類の能力を底上げできるのは良いなとは思ったけど体力ゲージ2倍はやりすぎw
特に体力が素の状態でもバグか?と思うぐらい長い冴島に食事効果をフルで発動させると恐ろしいことに
回復アイテム一切必要ないくらいの体力+食事効果三種+金剛の気位=モンスターの完成
おまけにIFでヒートゲージ上昇値UPも修得してればちょっと攻撃しただけでヒート状態まで溜まるのでやりたい放題になる
龍が如くの戦闘システムにそんな文句言ってもナンセンスなのかもしれないけどね
敵が弱すぎると嫌だ!って方には川越シェフの修行と金剛の気位はオススメしませんw
でも1週目って出来るだけコンプしたくなるからやっちゃうんだよなー

強すぎる冴島とは逆に秋山はちょっと不遇だった
絶技のエアストライクがボスキャラ、特に何度も戦うことになる金井にことごとく効かない悲しさ、浮かないw
レベルアップでエアストライク始動技がガード不能になるって能力を見たときは歓喜したんだけど、実際はガード不能になるだけで浮きませんでした(´∵`)という残念っぷり
浮かせられないとなるとエアストライクはもちろん、エアストライク中に出せるヒートアクション全部が実質使えなくなるわけで…
αβγドライブ、クライマックスヒートのファイナルドライブ、天啓技のダブルジャグラー、新技ほとんど使えません
残された道は通常攻撃キャンセルスウィでチクチク攻撃してゲージを溜めて壁際、ポール際に金井をおびき寄せてヒートアクションっていうやや地味な戦い
他のクライマックスヒート2種は使えるし、金井は遅いのでカウンターキックも合わせ易いし、倒すのは苦労しないんだけどエアストライクが有効な雑魚戦に比べるとなんだか地味w
挑発関連は相変らず性能良くて、掴み挑発なんて一瞬でゲージ溜められるけどいかんせんそれをボス戦で活かし難いなーって印象でした
雑魚戦はほんとポンポン浮いてめっちゃ楽しいんだけどね、大阪の戦闘BGM好き


桐生と品田に関しては特に文句の付けようがないです
桐生ちゃんはもう言わずもがな


品田はデザイン見たとき別に好きとか思わなかったけど実際プレイしてみる面白いキャラで一気に好感持てました
これまでの龍が如くシリーズの中で一番可愛い主人公だと思う、癒し
ある意味、遥よりも可愛いのかもしれないw
戦闘面でも他の三人とは違って人間離れしてなくて安心できるw
品田編開始時の所持金の額には泣いたw


好きなキャラといえば渡瀬は次回作にも出て欲しいなーって思うくらいの良キャラでした
根っからの悪みたいなキャラじゃないので敵として出すのはちょっと難しいかな?
桐生ちゃんとの喧嘩がしたいだとか、弱い東城会やと意味ないねん!とか、真島の兄さんや龍が如く2の龍司に通じるものがある


毎回(?)声優以外の俳優などを声優として使うことで御馴染みの龍が如くシリーズですが今作の声優陣はみんな上手かった
前情報ほとんど仕入れずにプレイしてたんだけど一番驚いたのが馬場ちゃんの声やってる人、モデル?らしいですね、後から知ってびっくりしました
それとキャバ嬢のりくがめっちゃ上手かったので気になって調べてみたら普通に声優さんでした
たまこまーけっとのみどりちゃんの人でした
今までのキャバ嬢の声って声優がやってなかったりして、すごい違和感あったんだけど今作は逆に上手くて違和感を感じたほどでしたw
そりゃ本物の声優使ってたんなら上手いわけだわーって納得w
まぁキャバ嬢とは書いてますがりくちゃん以外ほぼスルーでプレイしていきましたけどね(^ω^)
他のキャバ嬢は自分には合わなかったですw


寄り道スポットとサブストーリーの数は丁度良かった
これくらいのボリュームだと多すぎるって感じはしないね
龍が如く3とかたしか100個以上あったよね?あれは流石に多すぎたw


さてここからが問題
既に全クリした人なら終盤の展開にんん??と首をかしげた方も多いと思います今作…
特に真島戦の前後ぐらいから自分はそう思い始めました
脚本書いてる人変わった?って思っちゃうくらいの終盤の展開の分かり難さ、無理やり感、消化不良感
まず品田が馬場と戦うところ
品田が怒る理由は分かるけどなんだろうこの漂う無理やり感はw
品田に戦わせるラスボスがいないから仕方なく戦わせた感が拭えないw
戦いが終わった後も冴島から託された伝言結局言ってないし、おいおいなんでw伝えろよwって思ってしまったw
高坂達が来て伝えた内容が似たような言葉だったからこれでいいのかなー?とは思ったけどやっぱりスッキリしないなぁ…
馬場ちゃんが結局何者だったのかもはっきりしないしなー、黒澤に雇われたヒットマンだったのかな?

続いて秋山vs金井になるんだけどこいつもなんかこう小物感が拭えないっていうかw
秋山のラスボスとして登場させるならもうちょっと見せ方あったんじゃないのかな?
ムービーでは秋山の蹴りをものともしない驚異的なタフさ、みたいな感じだったけど結局普通に攻撃で怯んでくれるっていうw
ムービー中のあの威圧感はどこへやら

で、ここが一番問題
一番最後の桐生ちゃんのラスボスが小物過ぎるw
ラスボスと対面したときに拍子抜けしたのは龍が如くシリーズやってて初めてだった
意外性を狙ったのかもしれないけどプレイしてる側としては「…!?ラスボスお前か!」っていうより「えwwなんでお前がラスボスやねんwww」状態
なにより相沢の息子設定が唐突過ぎるでしょ
最終決戦前の語りもどこか説得力ない気がするしラスボス前だというのにあんまりテンション上がりませんでした

ここで同時進行で遥のライブの映像が流れるわけですが、盛り上がらないラスボスに追い討ちをかけるように、ライブで披露される曲も全く盛り上がらないw
アイドルのデビュー曲なのに何で財津和夫に依頼したのか、全く合ってないです
好き嫌い以前の問題、合ってないw
昭和歌謡かよ!って突っ込みそうになった
そして申し訳程度の振り付け()
一日でこの曲を完成させられるのお前らだけやもんなっていう、なこs…中井マネージャのあの下りはなんだったのか
クリスティーナの役目とは一体なんだったのか
ラスボス前なのに、ここらへんで完全に冷めてました

更に更に追い討ちをかけるように、実際戦ってみるとたいして強くも無く、体力が多いだけのQTEおばけでした
動きも遅いから虎落としの練習台かよってくらいズバズバ決められるし掴まれても投げ返せばいいだけだし、本当にこれラスボスか?と思いながら戦ってましたw
好きな技バシバシ決められるっていう点ではいいのかな?うーん…

だがしかし、ラスボスのBGMと演出は間違いなく歴代トップだと思う、くっそカッコよかった
戦いながら東城会本部の部屋から廊下、玄関、門とQTEを経由して追い出していく表現は凄かった
今までは龍が如く3のラスボス戦が一番好きだったんだけど余裕で抜き去りました
プレイ中は若干冷めてたからそこまでラスボス戦にのめり込めなかったけど、クリアした後でラスボス戦単体を動画とかで見てみるとやっぱり最高の出来栄え
何度見ても格好良い

ラスボス後の遥の行動とスタッフロール後の結末についてはシリーズ経験者としてなんとなく嫌な予感してたので、あぁやっぱりそうなるのねwって感じでしたw
スタッフロール後の結末は予想を超えるなんじゃこりゃ感だったけどねwww
エンディングで「…は?」って言葉が浮かんだゲームは久しぶりだったわほんと…


ラスボスについてニコ動に良いコメントがあったのでそのまま貼り付けときます
「死ぬ直前の他人の夢背負わされて踊らされる男、つまり桐生や今作の遥そのもの」
ニコ動でも自分と同じく相沢に不満の声を漏らしてる人がいっぱい居たけどこのコメントを見てなるほどなーと思いました
こういう納得できる表現をどこかゲーム内に入れて欲しかったなーと文句たらたらw
自分で考えろってことなのかもしれないけどw
あとは本当に、ラスボスを他のキャラにするか、ラスボスについての描写を終盤前にもっと入れておくとかして欲しかったな
演出とBGMが最高なだけに勿体無い


龍が如く5は良く言えば複雑で難解、悪く言えば説明不足で分かり難い、消化不良ってところでしょうか
4のラストが神過ぎた、5と同じで複数人の主人公で複雑なストーリーだったけど熱い展開だったし何より分かりやすかった
分かりやすさって重要なんだなって思いました
龍が如くの中では好みの分かれる結末かもしれないけど楽しめましたよ、文句も色々あるけど買ってよかったです
次回作はストーリー複雑でも良いけど分かりやすさはやっぱり残して欲しいところです
龍が如くファンは熱いストーリーは求めていても難解さは求めてないと思いますよっと


次回作に期待の極△<ジャキン!!
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメント

Secret

プロフィール

中野ゆうきっぽい

Author:中野ゆうきっぽい
アニメ、ゲームのことメインのブログです
Twitter
kerubeku_yuuki
ニコ動コミュ
co1637214

カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。